ホームへ

ディープチャージコラーゲン -コラーゲンの分解も抑える。価格も最安級

価格1日あたり約55円
星5
使用コラーゲン豚由来HTCコラーゲン
星5
コラーゲン量1日当たり1,000mg
星1
その他の成分バラつぼみエキス
星4

ファンケルが独自開発した技術(特許 第3802721号)で超低分子化したコラーゲンペプチドである、HTCコラーゲンを使用したサプリ。トリペプチドコラーゲンを含み吸収力は抜群。コラーゲンの分解を防いでくれるバラつぼみエキスを含みつつ、1日当たりの価格がとっても安いのがうれしい製品。

ただし、安い粒タイプでは1日当たりのコラーゲン量が少なすぎなのが残念。お値段は高くなりますが、コラーゲンの量が3倍のゼリータイプもあります。

超低分子コラーゲンにバラつぼみエキスと他にはない成分なので、今までのコラーゲンがいまいちだったという方にこそ、このディープチャージコラーゲンがおすすめです。

超低分子のHTCコラーゲン使用

低分子コラーゲン

これに使用されているHTCコラーゲンは超低分子であるトリペプチドコラーゲンを多く含んでいます。トリペプチドコラーゲンはアミノ酸分子が3つつながったもので、これ以上分解の必要がなくこのまま吸収されるので、最も吸収効率がよいコラーゲンペプチドとされています。

そのため、通常のコラーゲンペプチドを同量とる以上の価値があります。

再生の力が強いHTCコラーゲン

HTCコラーゲンとはファンケル独自の方法で低分子化したコラーゲンペプチドです(特許 第3802721号)。このHTCコラーゲンペプチドとそのほかのコラーゲンを摂取した場合の肌のコラーゲン量の指標を摂取13日後に調べたところ、一般的なコラーゲンペプチドよりHTCコラーゲンが勝っていることがわかりました。

一般的な低分子のコラーゲンペプチドより生み出す力が強いということです。公表されている表で見る限り1.3倍ほどあります。

この数値から判断すれば、このサプリは1日あたりのコラーゲン量が1,000mgと若干少ないですが、通常のコラーゲンペプチド1,000mgと変わらないもしくは若干勝っている程度の意味があります。

*HTCコラーゲン以外にも超低分子コラーゲンはあります(トリペプチドコラーゲンを含むナノコラーゲンなど)が、それでも同様の生み出す力があるかどうかは不明です。

コラーゲンの分解を抑えてくれるバラつぼみエキス

バラつぼみエキス

ディープチャージコラーゲンはバラつぼみエキスが使われているのが特徴です。

ファンケルは以前は「HTCコラーゲンDX」という製品を販売していました。その当時はお肌を紫外線から守るリンゴポリフェノールが使用されていました。ただ、それは日焼け止めでも事足りるので、いまいち魅力的ではなかったんですよね。

そしてHTCコラーゲンDXがリニューアルされディープチャージコラーゲンとなったのですが、そこで付加成分がリンゴポリフェノールからバラつぼみエキスに変更されました。

バラつぼみエキスにはコラーゲン分解酵素が作られるのを抑える働きがあることがわかっています。体内でコラーゲンを分解する成分が作られにくくしてくれるわけです。

実際にHTCコラーゲンとバラつぼみエキスを同時に接種すると、HTCコラーゲン単体で摂取したときよりもコラーゲン分解の抑制作用が高まることがわかっています。

お値段に見合う価値があります

55円

高品質・高級が売りのFANCLとは思えないほどの安さ。1日約55円

でも、コラーゲンが1,000mgしかありません。コラーゲン3,000mgで考えるとこの3倍なので1日約165円となってしまい実は安く無かったりします。同じタブレットのDHCコラーゲンは4,000mgで約60円ですから、やっぱりFANCL価格でした。

ただし、品質から考えてこの値段が高いかといえば、そんなことはありません。

コラーゲンの分解抑制を考慮し、検証までした製品は他にはありませんので価値相応のお値段と言えます。

ディープチャージコラーゲン・粒タイプ 販売サイトへ (Amazon)

コラーゲンを増やしたいなら粒以外で

粒タイプ

しかし、粒タイプのコラーゲン量1,000mg/日は少なすぎと言えます。1.3倍相当だとしても1,300mg相当程度。低分子であっても1日3,000mgはほしいところです。

バラつぼみエキスを含み、超低分子コラーゲンと、物は良いです。足りないコラーゲン量を補えれば完璧。

でもディープチャージコラーゲンを決められた量を超えて摂取するのはおすすめできません

コラーゲンやビタミンB・Cなどだけなら量を増やしても問題ありません。過剰摂取が起きない栄養素だからです。しかしこれはバラつぼみエキス(1日分に10mg)を含んでいるため、決められた量以上飲むと体に悪影響を及ぼす可能性もあります。
なので、どうしても粒タイプでは1日1,000mgのコラーゲンしか摂取できないのです。

そこでもっと摂取したい場合は、ゼリータイプかドリンクタイプがおすすめです。これなら一袋にHTCコラーゲンが3,000mg、バラつぼみエキスは10mg含まれているので、コラーゲンを十分にとりながらバラつぼみエキスを取りすぎることなく摂取できます。

ゼリータイプの場合、お値段は1日当たり約200円と高くはなりますが、HTCコラーゲンが3,000mgあることを考えるとお値打ち感は十分で、個人的には粒タイプよりおすすめです。

ドリンクタイプはコラーゲンやバラつぼみエキスの量はゼリータイプと同じで、さらにお肌に良いヒアルロン酸を10mg(ゼリータイプは1mg)、年齢による衰えによいとされるレスベラトロールを含んだリンゴンベリーエキスを10mg配合してあります。ドリンクタイプは1日当たり約255円と最も高価。
ヒアルロン酸、レスベラトロールの量が少ないこと、瓶の使い勝手の悪さを考えると、やっぱりゼリータイプがおすすめです。

ディープチャージコラーゲン・ゼリータイプ 販売サイトへ (Amazon)

栄養成分

粒タイプ
1日6粒あたり
HTCコラーゲン1,000mg
バラつぼみエキス末10mg
ビタミンC100mg
ゼリータイプ
1日1袋あたり
HTCコラーゲン3,000mg
バラつぼみエキス末10mg
ビタミンC100mg
グルコシルセラミド600μg
ヒアルロン酸1mg

原材料(粒)

ディープチャージコラーゲン・粒タイプ 販売サイトへ (Amazon)

ディープチャージコラーゲン・ゼリータイプ 販売サイトへ (Amazon)

上に